名古屋市中区で内視鏡・胃カメラ検査なら三浦内科へ
HOME>当院の特長

| 当院の特長 |

腹部超音波検査について
腹部超音波検査についてのイメージ

エコーとも呼ばれていますが、この検査をきちんとすると、多くのことが分かります。
肝臓や膵臓の癌のおよそ九割はこの検査のみで拾い上げられます。
しかし肥満の強い人やおなかにガスの多い人はCTで補う必要があります(CTはほとんど待ち時間無しでとることができます)。
脂肪肝、胆石、腎結石、胆のう炎、胆のう癌、胆管病変、腹部大動脈瘤、腹水、少数ですが腹部の悪性リンパ腫、卵巣癌、腎臓癌、膀胱癌、前立腺癌、子宮体部癌なども見つかっています。
検査には熟練と少しだけ時間をかけることが必要です。腹部の症状があるときには、必ず受けておいたほうが良いでしょう。

問い合わせ