名古屋市中区で内視鏡・胃カメラ検査なら三浦内科へ
HOME>当院の特長

| 当院の特長 |

いくつかの工夫

胃カメラはリラックスして受けることが一番大事です。そのために静かな曲を流したり、術者が小さな声で童謡を歌ったりします。
また、1998年3月5日から検査時に患者さんには動物の大きなぬいぐるみを抱いてもらっています。
これにより腕の位置が安定し検査が受けやすくなったという評判です。(もちろん必要のない人には使いませんが。)
それでも検査が苦手という人には、一時間前ぐらいに、安定剤を服用してもらいます。
高価で多少危険を伴う静脈注射を使用しなくても、落ち着いた気分で検査を受けることができます。 

問い合わせ