名古屋市中区で内視鏡・胃カメラ検査なら三浦内科へ
HOME>胃カメラ・内視鏡

胃がん

胃がん
胃がん
胃がん
胃がん
 
胃がん
胃癌のイメージ

毎年5万人がこの病気のために命を落としています。一年間に新たに診断される人は約10万人です。
日本人の男性が85歳まで生きると8人に一人ぐらいの割合で胃癌にかかるのではないかとの報告もあります。
日本人に胃癌が多いのは今の50代以上の7~8割にピロリ菌感染が見られ、それが悪さをしているのだろうと考えられています。生まれて2-3年のうちにピロリ菌が胃の中に棲みつきそれが長年にわたって胃を刺激し、がんが発生し易い環境を作っているのかもしれません。
塩分の取りすぎや喫煙も危険因子です。このがんも当科の最近の統計では3人に1人は、内視鏡で切除されています。
その多くは萎縮性胃炎の経過観察中に見つかっており、胃炎の見られる人では毎年カメラでの食道・胃・十二指腸の観察が大切です。2~3ミリのがんなら絶対見逃さないというのであれば2年に一度の検査でも十分でしょうが、そんなことは不可能です。
いつでも誰でも胃の中がすっきりきれいになっているわけではなく、どんなに手を尽くしても緊張が取れない患者さんもいます。毎年検査を繰り返し、精一杯丁寧に観察しても見つかったがん病変を内視鏡的に切除して治療が済んでしまう患者さんは、6割ぐらいです。
先日もほぼ毎年検査を受けている患者さんに7~8ミリぐらいのがん病変が見つかり、超音波内視鏡検査でも内視鏡による切除が可能とされ喜んでいました。
しかし切除後、開腹手術を受けてくれと言われてしまい途方にくれた様子で来院しました。
治療は本人のふるさとで受けたのですが、がっくりと肩を落としたその女性は、毎年検査を受けていたのになぜカメラだけの治療ですまなかったのかとどこか納得のいかない様子です。

病変の深さがあと1ミリ浅ければ問題はなかったのですが、その少しの差のためにリンパ節にがんが潜んでいる可能性が10%ぐらい生じてしまったのです。
高齢であればそのまま様子を見たほうが良いのですがまだ50代前半、不安を抱えて生きるよりは手術してもらってすっきりしたほうが良いですよと話しました。
もちろんこれでも十分早期がんであり、リンパにもし転移があってもそれを切除しておけば癌で亡くなる可能性はゼロに等しいのです。
がんは様々なかたちをとり、疑って何回も組織をとっても診断の付かない人もいます。
まれではあっても表面に出ず外へと進展するタイプもあり、そのようなものを疑ったときにはCT検査が役に立つのですが、診断が付いても予後は難しい。わずかな変化から一気に急速進行するものもある。
気になる病変はその程度によって1~6ヵ月後に再検をする必要があります。
組織の結果より自分で見た病変の雰囲気のほうが診断に役に立つこともあり、現在の細い内視鏡では部位によって組織をとりにくいこともある。
組織は大きく取るほうが診断し易いですが、自分の経験でも約25年の間に生検後の出血で5人が入院しており、そのたびに一度に百人の検査をしたような疲労を覚える。何をやってもそうでしょうがなかなか一筋縄にはゆかない。
しかし当科の診断レベルはかなり高いと自負しています。
アエラの「日本の家庭医」という特集号に、当時愛知県がんセンターの外科部長であった山村義孝先生に、内視鏡の名医の一人であると書いてもらったことは名誉でもあり気を引き締める元ともなっています。

問い合わせ